アジア山岳連盟(UAAA)、マカル-・カンチェンジュンガ初登頂60周年記念祝典

カトマンズで11月17日-20日とマカル-とカンチェンジュンガの初登頂から60周年をお祝いするイベントとアジア山岳連盟(UAAA)総会が開催され、国内外の関係者が多く集まりました。
マカル-の初登頂はフランス隊、カンチェンジュンガは英国隊が初登頂、日本人としては日本山岳会東海支部隊が初登頂ということで登頂者尾崎祐一隊員、田中元隊員、登頂者ではないが当隊の隊員尾上昇元日本山岳会会長も同行、UAAA総会の関係で、八木原圀明日山協会長、小野寺斉事務局長、アジア山岳連盟顧問として神﨑忠男、講演者として中村保JAC名誉会員らと日本人が訪ネ、現地の日本人を含めカトマンズ晩餐会と洒落込んだ。
マカル-組は現地でのイベントに参加、小生は八木原氏、中村保氏そして中村氏友人の永井剛氏らガイドの五人でチャ-タ-したヘリコプタ-でネパ-ル地震で被害の大きかったランタン谷へ飛び、久しぶりにヒマラヤの高峰の風にあたり満足して帰国した。

コメント

非公開コメント