チベット・チョモランマベースキャンプの旅


  チベット、チョモランマのベ-スキャンプから帰りました。天候に恵まれよくチョモランマが見えましたが風が強く、気温が低く、早々に引き上げました。ほとんどが初めてという仲間たちも喜んでくれ満足して帰りました。
 1980年以来8度目のチョモランマBC訪問ですが、チベットの環境が全く変わってしまいました。ラサ市内は大都会、ビルが立ち並び、看板を見てもホテルラッシュ。ラサから更にチョモランマに向かって西蔵鉄道が延長され、シガツェまで汽車で行けます。シガツェから幾つかの峠を越えてシガ-ル、ティンリ-、そしてパンラ峠を越えロンブク僧院を過ぎベ-スキャンプに後2Kmぐらいのところまで完全舗装。今回はマイクロバスで寝ていきましたが、昔、寝てもいられない悪路をジ-プでしか行けなかった時代の山旅が懐かしく思い出された。埃りもないが味気もない。チョモランマBCには大きなゴミ箱が設置され以前よりはゴミがなかったように見受けた。ゴミもなかったがテントもなく殺伐としたBCには予想外に感じた。
舗装道路化してスピ-ドを出し過ぎるドライバ-が多く交通規制にきびしいものがあった。仲間とラサで分れひとりカトマンズへ空路飛ぶことにしたが、出入国の管制が厳しく、帰りの航空券もラサ、成都経由だったが、チベットへの再入国を拒否され
カトマンズからチベット、中国を通らないル-トの航空券を買い直して帰国した。

コメント

非公開コメント